2010年06月20日

7月3日 土曜 出版セミナー開催!

●商業出版デビューの最短コース

 ビジネス本作家の値打ち 水野俊哉の
ベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナ
ー 7月3日 土曜開催!


●ベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー
7月3日 土曜時間1400〜1700
 
● 費用・申し込み
セミナー 10,000円(テキスト「ビジネス書のトリセツ」込み)
懇親会 5,000円(自由参加)

申し込み・お問い合わせ は happynews@live.jp
まで お名前 年齢 職業 ご住所 希望日程 をメールください。
要綱などメールします。

●セミナー開催場所
申込者にお伝えします。

●お問い合わせ happynews@live.jp




●7月15日 開講予定の 水野俊哉 ビジネス書出版セミナー第四期 
http://mizunotoshiya.com/syuppan/201004.html

●ポイント1 現役のビジネス書作家にして、ビジネス書評の第一人者が直接指導

 「成功本50冊「勝ち抜け」案内」(光文社)でデビュー以来、勝間和代、神田昌典、本田直之、Hacksシリーズなどベストセラー、古典名作を書評し、「法則のトリセツ」「ビジネス書のトリセツ」など話題作を発表し続ける水野俊哉の出版セミナーです。

●ポイント2 抜群の実績

 過去、受講生からの出版が10作を越え、ミリオンセラー作家や現役のベストセラー作家も何名も受講しているセミナーですが、実はスタートしてからわずか1年あまり(2009年1月に第一回)です。
 

●ポイント3 驚きのコストパフォーマンス
 現在、出版セミナーの受講料は平均3万円程度。実践編になると数十万円+成約料で印税の3割程度が相場ですが、水野俊哉出版セミナーは、理論編で1万円、実践編でも15万円(2010年5月現在)のみです。
 これは、もともと読者を対象のセミナーだったため、採算度外視で実施していることと、より多くの人に出版の機会を与えようという主旨で開催しているためです。

 そのため、内容も「そこまでバラしていいんですか?」といつも言われるような、現役のビジネス書作家や編集者だけが知る門外不出のテクニックやノウハウを惜しげもなく公開します。
 また、通常出版セミナーは編集者と受講生が直接連絡を取り合う行為はNGになっていますが、そのような縛りもありません。
 なので、出版へつながる人脈があっさり得られます。

●ポイント4 毎回、大手出版社の編集者がアドバイス&スカウトに訪れます
 理論編、実践編含め、過去受講もしくはアドバイスやスカウトに訪れた編集者は講談社、集英社、マガジンハウス、ダイヤモンド社、PHP研究所、徳間書店、双葉社、青春出版社、あさ出版、中経出版、きこ書房、ディスカヴァートゥエンティワン社他、毎回数社訪れます。
 どの編集者の方も、通常、企画書を見てもらうことすら困難なのですが、実践編に参加することにより、毎回、現役編集者のアドバイスが受けられ、なおかつ、有望な企画であれば出版会議にかけてもらえて、商業出版が実現します。
 過去、実践編の1期〜3期までで現在7名が出版決定しており(2010年5月現在)、今年中に10名を越える見込みです。その中に、これを読んでいるあなたが含まれているかもしれません。

●おまけ

 セミナー参加の付加価値として、同じ目的を持った意識の高い仲間との出逢いがあげられます。
 素晴らしい仲間と出会うための機会への投資は、自分を成長させることになります。






●過去参加者の声
− − − − − − − − − − − − − − −
『出版に必要なものは何か?
それは企画書・筆力・そして
編集者との出会いです。

この3つの大事なポイントを
すべて網羅してくれるのが
水野さんの出版セミナーです。

しかも参加者のモチベーション、
そして「質」が高いのが水野さんのセミナーの特徴で、
多くの出会い、そしてビジネスマッチングが
起きました。

本を出すだけではない効果を実感できる
セミナーです』
(アナウンサー&スピーチコンサルタント三橋泰介)



水野俊哉先生の理論編(実践編)に参加して

 私は現在、SBIグループの2つの会社で社長と常務をやらせていただいています。
そんな私と水野先生との出会いは、昨年10月にベストセラービジネス書がすらすらかけるセミナー(理論編)に参加したのがきっかけです。

 私はかねてから、いつかはビジネス本の出版が出来ればいいなぁ。と漠然と考えていました。そして、なんとなく知った水野先生のセミナーに参加。その後続けて6回のセミナーを申込みました。

 このセミナーがきっかけで、私の人生が大きく変わりました。けっして大げさに言っているのではありません。水野セミナーに参加し、わずか半年あまりで2冊の本の出版が決まりました。先生の御好意で出演した講演も好評で、講演依頼も沢山いただきました。
 
 本の出版や講演活動は全くの素人の私が、セミナーをきっかけに大きく躍進できたのは、水野先生のおかげです。
 水野先生のなにがすごいのか。それは「引き寄せ」です。良い編集者との出会い。良いセミナー受講生との出会い。良い作家との出会い。もちろん、本の出版ノウハウと人脈は素晴らしいです。それ以上に「引き寄せ」はすごいですよ。

 ちなみに、私はこれをセミナーの宣伝のために書いているのではないですよ。
ほんとうに、すごいので、このチャンスを是非活かして欲しくって。ただそれだけです。

                       SBIモーゲージ株式会社
                          取締役 執行役員常務
                           横山 信治
 
                          



水野俊哉先生の理論編(実践編)に参加して

 わたしは元外資系の投資銀行勤務で現在はファイナンシャルプランナーとして独立して活動をしております。
 子どもの頃から書くことが好きで、おばあちゃんになったら本を書きたいと漠然と思っていました。ビジネスパートナーから書籍を出すようにと勧められ、偶然インターネットで知って水野先生のセミナーに参加しました。その場で理論編の申し込みをしました。
 セミナーでは本当によい編集者さんとの出会い、仲間との出会いがあり、半年間で大きく成長できました。具体的には、自分の専門分野について人前で堂々と話せるようになった、1冊の本を作ることができました。セミナー修了後も編集者の方々とよい関係を続けられており、2冊目、3冊目も書けるのではないかという感じです。
 セミナーを受講していなければ、今も靴を擦り切らせて出版社営業を続けていたかもしれません。
 本当にどうもありがとうございました。

花輪陽子


【理論編 感想】

実際に水野氏に会って、理論編を聞けば分かります。
誰よりもビジネス書を読み、本が好きで、本のことを知り尽くしているのだなということが。
そして、水野氏は「何か面白いことを起こすだろう」という創造性に満ち溢れている方でした。

(アナウンサー H.M)



既に著書はありましたが、「別の分野の本にもチャレンジしたい」ということで、参
加させていただきました。
結果、1冊、本の出版が決定。
また、セミナーで作成した出版企画が、(別経路ですが)企画会議に通って、1冊、
出版が決定しましたし、それ以外にも、1冊、出版が決まりましたし、それ以外にも
出版の話があります。
セミナーに参加する前は、全く本の出版の予定はなかったのですが、セミナーをキッ
カケに、色々な出版の話がまとまりました。セミナーに参加しないと、このようなこ
とは起きなかったので、感謝しています。

(石崎秀穂、起業家・ライター)

名前 白猫
職業 カウンセラー
感想 水野先生の理論編セミナーは、気取らないお人柄そのものの本音トーク炸裂。
    ビジネス書とビジネス書作家さんの裏話が聞けるお得なセミナーです。
    本を出版されたい方は、具体的なヒントや気づきもあり商業出版への近道を案内してくれます。
    懇親会で水野先生とお話するのも楽しいですよ!
    迷わず参加してみてくださいね。



------------------------------------------------------------------------
名前:岡部勝勝彦、職業:IT系会社員
感想:
まず、講座名からして秀逸です。
「ベストセラービジネス書がすらすらかけるセミナー理論編」
そんなにすらすら簡単に書ければ、誰もが大作家になれるはず!

そうなのです。ただ書いてあるだけで、実際の所は・・というセミナーが多い中、
本講座は、理論編の後で、実践編ともいうべき、作家への道の講座が用意されて
います。そこまで、分析され、確立された理論編が、本講座です。

実際、受講してみると、普通は書き方のテクニックの話しから始まるものですが、
本講座では、なんと「心構え」についてから説明が始まります。
『テクニックの前に「心構え」が大切!』との言葉に、クサビを打たれたような
感じを受けました。

さらに、驚くのは、本を書きたいという人のパターンが6個あり、自分がどれを
狙っていくのかを先に決めておくこと、だそうです。言われてみれば、その通り
です。さらに1個だけではなく、複数に依存したパターンもあり、だそうです。

以下「はじめに」「目次」「文体」などの解説が続きますが、セミナー参加の
メリットは、何といっても、講師の生の声でそのポイントを掴むことが
できる点。さらに、直接教わる事で、その場で質疑応答ができる事です。

また、セミナー後に用意されている懇親会も、人との出会いの場としては有益
です。私の場合、二期生の方々が参加されましたので、作家への道を実際に
歩まれている方々から、実際の所をいろいろと教えて頂きました。
非常に中身の濃い時間を過ごすことができ、感謝感激の一日でした。

私はビジネス書の企画ではないのですが、
それでも大丈夫だとセミナーの参加を了承して
くださいました。


出版に関してほとんど知識のない状態で
のぞみましたが、毎回様々な刺激と叱咤激励を受け、
そして、同じような仲間ができたことには感謝しております。


多くの編集者さんとの出会い、企画書の書き方、
プレゼンの仕方など、多くのことを学ぶことができ、
今後にも生かすことができる、充実したセミナーです。




(ライター yossshii)


水野俊哉先生の理論編に参加して

はっきり言って、昨年の5月に水野俊哉先生の「ベストセラービジネス書がすらすら書けるセミナー」に参加するまでは、出版というものに興味はありませんでした。
このセミナーに参加したのも、主催者が私の知り合いということで、お付き合いとして参加したのです。
しかし、セミナーでお話を聞いているうちに、どんどんと「出版したい!」という気持ちが強くなり、6ヶ月間のセミナーにも参加しました。

なぜ、引き込まれたのか?
それは、他の出版セミナーよりも内容が具体的だからです。また、大手から中堅までの出版社の方々が多く参加されており、その場で名刺交換し、出版に近付くことができます。
しかも、参加費が格安です。某出版セミナーでは数万円、コンサル受ければ数十万円〜数百万円の費用が必要です。
参加した後は、「こんなに安くていいの!?」という感想でした。

更に、このセミナーの参加者の方々のレベルの高さが尋常ではないです。
成功したければ成功者がいるところへ行くことが鉄則です。その成功者が集まる場所こそ、水野俊哉先生のセミナーです。
このセミナーを強くオススメします!

K・T(会社員)




水野俊哉先生の理論編に参加して

理論編に申し込んだ当初は、半年先の最終回のプレゼンまで長丁場に感じられたものです。ただ参加して驚いたのは、ほかのセミナーなどとは異なり、初回から本番だということ。毎回編集者との交流があり、様々な示唆が得られると共に学んでいる参加者が驚くほど変わっていくのです。
出版セミナーなのですが、まるで自己啓発セミナーかのごとく私を含め同期の参加者が目覚しく成長していくのが実感できました。
目の前で出版という夢を掴んでいく姿を見て、誘発されて刺激され成長すると共に、多くのチャンスが提供される。
他に類を見ないセミナーです。

R.E(カウンセラー)


水野俊哉先生の理論編に参加して


水野先生の理論編に参加した半年間は、私の人生の中で本当に大きな意味を持つ半年間になりました。
いつも熱い思いで私たち一人一人に向き合ってくださった素晴らしい師匠・水野先生との出会い、互いに心から応援し合える素敵な同期の仲間たちとの出会い、そして半年を経て、自分が本当に伝えたいことに改めて気付き、進む道、自分の表現がはっきりしました。
水野先生の、時に厳しく、でも本当に温かいご指導のもと、自分が大きく成長でき、夢に近づいたことを実感しています。
これからも水野先生や理論編で共に学んだ同期の仲間たちの存在が、私の大きな励みになることでしょう。
初めは少し受講のタイミングが早かったかな?と思ったのですが、半年を終えた今、あのタイミングで受講して良かったと思っています。
水野先生との出会いに心から感謝をしています。


K.T(会社員・セラピスト)



Shinoby’s world

http://www.shinoby.net/2009/10/post-1901.html

ハートの足跡 白猫日記

http://shironeko-nikki.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-37c0.html


「せんちえ」 http://www.senchie.net/blog/seminar/200912/mizuno-toshiya.html



posted by 水野俊哉 at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。